読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追憶の雨の中

アラサー。創作をしています。不定期更新です

今夜、君を抱いて。

1次創作

振り返らずに進む、君の後ろ姿。
月日を感じさせるようで、感じさせない。
好きは、重なりあったときだけ。
僕からは絶対に言わない。言ってやらない。
僕は君を欲しがらない。
君も僕を欲しがらなくなった。
人肌のせい。
ぬくもりのせい。
後ろからぎゅっと力を込めるのも、
眠る君の横で高鳴りが収まらないのも、
ときどき、じっと見られるのに、すぐ「何?」と不機嫌そうな返答をするのも、
全部そのせい。
よく、人から何を考えているのかわからないと言われる僕が、
どうして君に振り回されないといけないのか。
なぜ急に来たのか。
本当に次も来るのか。
どうせ僕だから。
また君はいなくなる。
君は嘘つきだ。
猫のようで、犬のようで、本当にかわいい。
そして、驚くくらい残酷。
君が来たいなら来ればいい。
君が望むなら、僕は君を受け入れる。
決して君に屈するものか。
僕は僕として生きる。
愛も恋もわからない、不器用な僕として。
少しだけ振り絞った勇気は、やっぱり煙に巻かれてしまって、詳細不明。
君の気持ちなんて別に知りたくないけれど、知りたい気持ちもどこかにあるのかもしれない。
ほんの少しだけだろうけど。
ささやかな、嫌がらせ。
丁寧に洗った君の髪。
僕の好きな香りを纏った君が、帰る道中僕を思い出すくらいきつく、香りを染みこませる。
好きなんて言ってやらない。
最中ですら、まともに僕の顔を見ない君なんかに。
どうせ僕なんて、僕のことなんて考えてもないくせに。
上っ面だけの好きなんていらない。
執着なんてしてやるもんか。
なのに、僕は、僕から君をその気にさせるため、あれこれと君に手を尽くす。
抱く君が嘘の君でも、その間だけ騙されたいのかもしれないから。
今夜、君を抱いて。