読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追憶の雨の中

アラサー。創作をしています。不定期更新です

HEY!

1次創作

電車に揺られ、夕焼けを眺めていた。
子供連れや、早めの会社帰り、帰宅する、もしくはこれから向かう人たちで、程よく車内は混み合っていた。
席を譲るほどの気概もない僕は、目の前に立つおばさんに目もくれず、携帯を触っている。
腕には、花束を入れた紙袋。
正確に言うならば、一輪の花。
柄にもなく、いや、いつものことか、見栄を張ってしまった。
金銭的な問題もあるのだが、車を持たない僕が、渡すまでに花束を持つこっ恥ずかしさにも負けてしまった。
ふがいない。
「そりゃ、お前。花束だよ。花束に決まってるだろ。嫌いな奴はいないって。無難にそうしとけ。」
数時間前の友人の、助言が頭に反芻する。
かれこれ2年半付き合っている彼女への贈り物。
30を越え、次に付き合う人とは結婚を考えようと思っていた頃、彼女を紹介された。
歳は4つ下。そうは思えないほど若く見え、20歳と言っても通用しそうな顔つきだった。
大げさに驚いたと思ったのか、言われ慣れていたのか、年齢を聞いた僕の反応に、嫌われたとかと思うくらい淡々と、頷かれた。
髪は明るめの黒。染めたことはないという、あまりその辺にはいなさそうな娘だった。
性格は、かなり大ざっぱな方で、生活スタイルの差に愕然とした場面もいくつかあった。
たとえば、と言われると返答に困ってしまう。2年半も一緒にいると、慣れてしまったからだ。
同棲しているわけではないから四六時中一緒ではないけれど、まぁ、なんだ。説明が難しい。
付き合っていると考え方も似てくるとか、そういった類のものだと思う。
そういう彼女と、いよいよ将来的な話をしだし、向こうからも口にはしないが言い出して欲しそうな空気を感じ取った。
彼女はどうか知らないが、我が家では既に、結婚するだろうことを打ち明けてはいる。
うちの両親が、彼女を気に入らないはずがないとも思っている。
ひいき目があったとしても、じゅうぶん可愛い。
問題は、僕だ。
冴えない。年収も、同年代と比べてある方ではない。身長も低い。頼りがいもあるように見えない。
何より、彼女はそれでいいと言ってくれたが、僕には貯金もない。
気に入ってもらえるか以前に、そんな男と会ってくれるだろうか。
会ってもいない彼女の両親に不安が募る。
その前に、彼女は了承してくれるだろうか。いつも言っているのは建前で、断られる可能性もある。
あぁ、だめだ。
言う前からこんなに不安がっていては。
一世一代の大仕事なのだ。今日くらいは威勢よく、前向きに、踏み出さなければ。
彼女との待ち合わせまで、あと30分。そして、数分は遅れるだろうことを見越して、あと1時間。
時計に目をやる。視線を時計から上げ、再び情景は車内に。
アナウンスはいつも通り。時期柄か、最寄りの桜の名所案内が間に流れる。
ふと横へ視線を逸らすと、何故か隣の車両に彼女の姿。
いつも当たり前のように待ち合わせに遅れる彼女が、10分前に着くこの電車に。
動揺を悟られぬよう、自然に見えるように視線を元に戻し、何事もなかったかのように電車に揺られる。
「偶然だね、みっけちゃった」
気づかれた。えっと、こういう時は、いつもどおり自然に、自然に。
落ち着け。僕。
「HEY!」