朝焼けに檸檬

アラサー。創作をしています。不定期更新です

熱帯魚

「コノコハモウダメネ」

 

ガラス越しに歪んだ、無機質な口の動き。気まぐれに変えられる水と、同じように飼い主の気分で供給されるエサと、人工の空気とで生かされている。こうも他人に人生を委ねる他ない生物になるとは、思いもよらなかった。信仰深くなかったが、前世の報いという五文字で片付けきれない複雑な思いがよぎる。

ルームメイトは社会で生きていた頃とさしあたって変化なく、食に走る者、他人を誹謗中傷する者、美を追求する者など、多種多様に富んでいた。こうした過去形で語らねばならないのが惜しいし、ガラスの向こう側から見れば無個性で統一性のある顔を見せているだけだろう。

先だってすくいあげられた者は僕たちにしか聞こえない断末魔をあげ、悲しげな顔をして地上へと旅立った。寿命だったかはわからない。運悪くすくいあげられただけだ。自分には前世の記憶があり、高層ビルに住む富豪だったのだとか、どこそこの偉い人と食事をしたことがあるだとか、そういうことをしきりに話していた。彼だか彼女だか忘れてしまったが、いずれにせよ前世でいくら資産があろうとも、こうして観賞用として飼われている分際になってしまえば、何の意味もなくなってしまう。

僕がどういう人間だったのか、僕と言っているが男だったのか女だったのか、詳細な記憶はないような気がする。得体の知れない茶色の粒も、こんな身の上になればご馳走だし、何粒かを食べてしまえば満たされる。僕は確か甘いものを好んで食べていたが、仮に今ショートケーキを出されたところで、美味しいと感じることはできないだろう。

いつだったか、潔癖なところのある者が、水槽が汚れて始めたとき、しきりに水槽をつついて、口先に血がにじみ出すのも構わず掃除しろとわめいたことがあった。当然飼い主が意図を理解することはなく、くしくも傷口から病気にかかったそいつが死んだ後処理のため、水槽がきれいに掃除された。

世界は常に強者のために存在する。平凡に生きようともこうして生き残ったという事実だけで、水槽の中の強者となれる。強者のみが快適な生活を送ることができる。一時的でも先が見えずとも、かりそめの快楽に身を任せることは好ましい。しかし、果たして意味があるだろうか。狭い世界でおごり高ぶり、それが本当の快楽だろうか。僕は自身に問う。

そう思えば僕は人間の頃、似たような出来事に頭を悩ませていた。安易な快楽の代償で窮地に陥り、身勝手な言い分をぶつけて保身に走り、結局は自身を傷つけ、自ら命を絶った。

結局転生も輪廻も、人間の都合のいいように徳を積めば良い人生に変わると解釈されているに過ぎない。本質はどのような姿になれども変わらない。僕はきっとまた何度でも同じ過ちを繰り返す。

 

「コノコハモウダメネ」

 

あれはいつか本で見た、蜘蛛の糸に違いない。お釈迦様が導く、天界へと続く道だ。昼に誰かが導かれたばかりなのに、また網の上に乗せられ、1匹が去っていく。理不尽な数々の試練に耐え、生き残りあがくのは、まだ今生への未練があって転生もできぬ者たちだ。往生際の悪い僕たちは誰かに命令されたわけでもないのに今日も泳ぐ。誰かの掌なのか、水の中なのか、それにさして違いがないことを君は知っているに違いない。